医者

多汗症にもう悩まされない|原因を知って治療をしよう

ボトックスが効く

ナース

顔にできたしわやたるみに効くボトックスは、大手の美容外科でも頻繁に使用されています。近年は、多汗症の治療に最適だということで、完治を目指し男女関係なく相談にやってきます。何故、しわやたるみに使われるボトックスが最大限の効果を引き出すことができるのか、その効果を詳しく知ることで治療へ前向きになることができます。ボトックスは、食中毒の原因菌であるボツリヌス菌で作られたA型ボツリヌス菌毒素を主成分にしてできています。毒素を言われると恐ろしいものと認識されがちですが、この毒素はすでに排除されているため人体に悪影響を及ぼすことは一切ありません。ボトックスで多汗症が完治できるのは、神経から分泌されるアセチルコリンという伝達物質の分泌を抑制できるからでしょう。その影響で筋肉の動きが弱くなり、この作用でシワを改善するすることができます。一方、アセチルコリンは汗を抑えることもできてしまうため、より多く発汗する箇所に注入すれば多汗症を克服することができるでしょう。こうした仕組みから近年は美容外科でも積極的に治療へ使われているのです。とはいえ、そんな素晴らしい効能を持つボトックスも、注射をした後2.3日で量が減っていきます。しかし、持続性はたったの半年で効果が消えてきたら再度注入する必要があります。美容外科では、ボトックスの値段をキャンペーン価格にしていることが多く、効果を持続させるためのコスパを少しでも抑えることができます。そうじゃなければ、ボトックスの他にも有効な治療法がありますからそれらを検討してもいいでしょう。ただ、2012年の11月を目途に脇の下の多汗症には保険が適用されることになりました。他の部位には適用されないものの、多汗症とワキガ両方で悩んでいるなら朗報ですし、適用されるなら、学生でも気軽に治療をすることができます。

ボトックスによる多汗症の治療ですが、注射の時に強い痛みがある可能性があります。痛みに対して弱いなら、局部麻酔を打ってもらうしかないでしょう。さらにボトックスには、筋肉を麻痺する特徴があり、しびれるといった副作用が出ることがあります。これらの症状も時間の経過と共に薄れていくので心配はいりません。腕の良い大手の美容外科なら、正確な位置にボトックスを注入することで副作用を引き起こすことはありません。そのことからボトックスで多汗症を改善するなら治療実績が素晴らしい美容外科に依頼する必要があります。