医者

多汗症にもう悩まされない|原因を知って治療をしよう

症状を撃破する

医者

多汗症は、発症した場所によって苦労します。頭皮の場合は雨に濡れたかのような見た目になり、時間が経つと臭いが気になります。常に汗をかく状態なので、ワックスやスプレーを使うことすらできないでしょう。せっかく整えた髪も多汗症で台無しです。顔に関しても同じことが言え、メイクが落ちたりハンカチが手放せなかったりなど、困ることが多々あります。これらの悩みを解消するには美容外科の治療が不可欠になり、やり方としては薬を塗布する方法と注射を使ったもの、吸引という三つの治療で改善することができます。どのやり方も多汗症を完治させる画期的な方法でしょう。塗り薬を使った多汗症治療には、日常生活を送りながら続けられる長所があり、気軽に脇の汗を抑制させられます。脇染みが気になる洋服も、気軽に着ることができるでしょう。また、メスを使った手術を極力避けたい場合にも塗り薬が積極的に使われており、顔に塗布することで大量の汗をかきづらくなります。同時にワキガの症状を抑えることができますから両方完治できて一石二鳥です。とはいえ、効果の有無は医師が詳しく知っていますから治療を開始する前に医師へ相談をしましょう。無料でカウンセリングができるので他の病院と掛け持ちで行っても費用はかかりません。

プチ整形の枠でできる多汗症治療に、注射を使ったものがあります。メリットは一度の治療で5か月近く効果が持続すること、メスを使わないのでダウンタイムがほぼないこと、処置時間は短時間で済むことです。これらの治療は、交感神経に作用してくれるため発汗と臭い両方を抑制させることができます。とても画期的で効果絶大の方法ですから、長く多汗症に悩まされている人は参考にしましょう。なお、根本的に多汗症を改善したいのなら、臭いの元を完全に除去する超音波を使ったやり方が良いかもしれません。超音波で破壊をした後、熱処理で仕上げをするため多汗症独特のワキガ臭を防ぐことができます。また、多汗症の再発を許さないので治療を何度も繰り返している人にとても好まれている治療方法になります。傷に関しては体内組織への負担を軽減するやり方なので、完治までスピーディーです。内出血が少なく、当日からシャワーを浴びて問題はありません。どの治療が一番自分に合っているかを知るには、美容外科の医師へ直接聞いた方が確実でしょう。カウンセリングも無料で、納得するまで何度も相談をすることができます。