多汗症でお悩みの方へ

多汗症にもう悩まされない|原因を知って治療をしよう

チェックをしてみる

レディー

普通の人より汗をかきやすい症状を多汗症と呼びますが、ただの汗っかきとはまた違います。汗っかきの場合は、気温が高い時や運動をした時に出る汗で体温調節をする時に出ることが多いです。一方、多汗症の場合は交感神経が働きすぎたことで起こるため、体温調節が必要じゃない時も常に汗をかいている状態です。このような違いがあっても中々区別がつかないものでセルフチェックでも見落としがちになります。周囲に指摘されているなら尚更治療へ前向きにならなくてはいけないでしょう。判断基準としては半年以上下人不明の汗が大量に出ることでしょうか。このような症状からは、糖尿病や結核、自律神経失調症が関係していますが従来の多汗症とは別に考える必要があります。もう一つの判断基準としては、日常生活に支障をきたす量の汗が頻繁に出る、両足や両手、両脇から左右対称の多汗症独特の特徴がみられることです。多くの人はここで異常を感じることが多く、美容外科へ相談にやってくるケースも珍しくありません。また多汗症最大の特徴に就寝中に汗をほとんどかかさないことです。起きている時に信じられないほどの汗をかいているのに寝ている時は気になる程出ていないと感じている場合は、多汗症を疑っていいでしょう。なお、人より汗をかくという症状に25歳以下の段階で気づいたり、家族の中に同じ症状の人がいる場合も多汗症を患っている可能性が高くなります。

多汗症は、至る所に症状が出ます。例えば頭の場合は髪の毛が濡れるほど多くの汗をかくのが特徴です。結果、ヘアースタイルが乱れがちになり、せっかく整えてもぺったんこになってしまいます。さらに臭いの原因になるため、コンプレックスに感じる人が後を絶ちません。ただ、頭皮の多汗症は周囲に気付かれにくく、また自分でも異常を感知することができません。中には、多汗症が原因で人前に出ることを拒む人も多く、そのような状態から脱出するためにも頭皮の多汗症は即刻治すべきといえます。多汗症は顔にも出てくる厄介な病です。また、脇や手のひら、足の裏と同様にエクリン汗腺が非常に多いため、顔は常に汗がつたっています。特に緊張とストレスを感じた時に汗をかきやすく、辛いものを食べたのではというくらいの量が出てくることもあります。そのため、化粧はすぐに崩れ顔は常にテカっている状況です。顔から大量の汗が流れることに関して恥ずかしさがこみ上げてきますから、人と接することが苦手になってしまうでしょう。脇の下も同様にエクリン汗腺が大量にあり、多汗症を発症する箇所です。脇汗が通常よりも多いなら、美容外科を受診し、治療を率先して行なう必要が出てきます。とはいえ、脇の下は体温調節を行なうための大事な部分になるため、通常よりも汗をかくことが多くなります。そのことから、自分で判断が難しく、多汗症を長引かせてしまうこともあるでしょう。診断が難しいと感じたら、迷わず美容外科を受診して判断を促すことも大切です。手のひらに発症する多汗症は、防水加工がされていない携帯やキーボードを壊してしまう恐れがあります。そのため、デスクワークは基本的に難しくなるでしょう。手の多汗症を発症すると、恋人と手を繋ぐことを拒むケースがあるのでこちら治療を率先して行なうべきといえます。場合によっては相手に不快感を与える可能性も否めないため、治療をすれば印象アップにもつながります。足の裏に発症する多汗症も、フローリングがべたついたり雑菌の繁殖で臭いを発したりと多汗症独特の症状が出てきます。部屋へ招かれても気軽にあがることはできないでしょう。多汗症は、美容外科の治療でどうにかできますから諦めずに相談をすることが大切です。

医者

症状を撃破する

多くの人を悩ませる多汗症は美容外科で治療をすることができます。方法も塗り薬や注射、吸引といった三つの中から選べるので、多汗症を克服したい時の参考にしていきましょう。

おすすめリンク

  • 多汗症を改善したい人のサイト

    多汗症で悩みを抱えている人はいませんか?それならここで紹介されている情報を参考にしてみるといいでしょう。
  • 多汗症.com

    手術方法の特徴を徹底解説!多汗症で悩んでいるなら、役立つ情報が数多く紹介されているサイトで対策法を確認しましょう。
ナース

ボトックスが効く

美容整形に用いられるボトックス注射は、多汗症に大きな効果を出してくれるといわれています。また、安心安全の施術になるため、はじめての施術でも問題なく行なうことができます。

相談

根本的に改善する

多汗症に悩む多くの人がやってきた治療に反転剪除法と吸引法の二つがあります。これらの方法を使うことで多汗症特有の症状を軽減することができます。まずはどのように行なうのか知りましょう。